36時間ソフトボール大会

ソフト②

おはようございます。海徳ひろしです。
広島市立伴小学校のグラウンドで、安佐商工会青年部主催の
『36時間ソフトボール大会』が行われました。
広島豪雨災害、熊本地震、西日本豪雨災害で、共に活動をした
各地のボランティアの皆さんが、ソフトボールの試合を通して
親交を深める企画です。

ソフト⑤

試合は、8月31日深夜0時に開始され、9月1日午後0時に終了します。
私が応援に行った8月31日午前11時のイニング数は39回でした。

ソフト①

安佐商工会青年部の竹本さんが、各被災地の写真が展示されている
テントを案内してくれました。

テント①

◆広島豪雨災害(広島市安佐南区八木)

八木

◆熊本地震(熊本市)

熊本

◆西日本豪雨災害(岡山県倉敷市真備町)

岡山 真備

テント内の応援市場では、被災地の特産品が販売されています。

応援市場

私は、辛子レンコンとマスカットを購入しました。

辛子レンコン

ソフトボールの試合を36時間続けると、約140回イニングまで出来る
そうです。くれぐれもお体に気を付けて、親交を深めていただきたい
と思います。

2019/09/03

カレンダー

まちのトピックス

佐東レディース・シニア・ グランドシニアゴルフ大会

太田川アイキャッチ
おはようございます。海徳ひろしです。 第73回佐東レディース・シニア・ グランドシニアゴルフ大会の開会式 に参加しま・・・