原爆ドーム保存工事

原爆ドームアイキャッチ

こんにちは。海徳ひろしです。
今朝は、原爆ドーム保存工事の視察をしました。
原爆ドーム(正式名称:広島平和記念碑)は、1945年8月6日に広島市に
投下された原子爆弾の惨禍を今に伝える被爆建物です。

原爆ドーム①

説明者は、広島市都市整備局・公園整備課、営繕部耐震担当課、清水建設
工事長です。

原爆ドーム視察

煉瓦目地、方立及び補強金物の補修箇所です。

煉瓦①

工事を担当する清水建設さんから説明を受けました。

清水建設

高さ約28メートルの5階から見た、平和公園です。

平和公園

ドーム上部の天蓋の鋼材は、被爆前の色に塗装します。

天蓋

世界平和と核廃絶の象徴であり、メッセージ性の高い戦争遺構である
「原爆ドーム」を長く後世に残していくことは、ヒロシマに課せられ
た使命だと思います。

2021/02/03

カレンダー

まちのトピックス

道路の補修

緑井 穴ぼこ
おはようございます。海徳ひろしです。 安佐南区緑井にお住いの方から、道路補修のご要望を頂きました。 場所は、緑井7丁・・・

月別アーカイブ