梅林台の急傾斜地

梅林台アイキャッチ

こんばんは。海徳ひろしです。
梅林台(安佐南区八木3丁目37番・38番・39番)にお住いの方から、
急傾斜地対策の要望がありました。
急傾斜地とは、傾斜度が30度以上ある土地のことで、通常「崖」と
呼ばれます。崖の適正な管理には大変な労力と経費が必要になります。

広島市復興工事事務所と現地調査にいきました。
建設中の1005渓流の砂防堰堤です。

1005渓流

山側から見た、急傾斜地です。

県施工 ①

急傾斜地は、県施工と市施工の区分があります。
急傾斜地崩壊対策の採択要件として、県施工は斜面の高さ10メートル以上、
被災の恐れのある人家10戸以上、市施工は、高さ5メートル以上、被災の恐れ
のある人家5戸以上です。この他に採択要件があります。

要望をとりまとめされた、梅林台町内会の有田会長です。
安佐南区役所へ急傾斜地崩壊対策の要望をされたところ、
区役所では、すでに急傾斜地崩壊対策の申し入れを多く抱えており、
このままでは、かなりの年月がかかるとの回答だったそうです。

有田町内会長

県施工の場所です。

県施工

市施工の場所です。

広島市施工

お住いの方から要望を伺いました。

石川さん

このままでは、かなりの年月(予測では10年程度)が
かかります。
広島県とも協議をして、早期に防止工事が開始できるように
努力をしてまいります。

2016/04/26

カレンダー

まちのトピックス

広島市議会臨時会

臨時会 アイキャッチ②
おはようございます。海徳ひろしです。 昨日は、令和2年第3回広島市議会臨時会が開催されました。 ・・・