安佐市民病院移転建替え

荒下地区 アイキャッチ

こんばんは。海徳ひろしです。
安佐市民病院の移転建替えが検討されています。
今日は、移転先候補の荒下地区を視察しました。

安佐北区役所に集合です。
広島市立病院機構の方々に案内をしてもらいました。

安佐北区役所

移転建替え先候補の荒下県営住宅跡地です。
写真向かって右側の太田川と左側の住宅地との間です。
雑草が生い茂っています。

病院移転

可部線延伸の新駅の場所です。
新駅のそばに病院が移転します。

可部線新駅

安佐市民病院の移転先と現在地の比較表

比較表 ①

比較表より抜粋
移転先 ①敷地面積 約40,000㎡ ②延床面積 約58,000㎡ ③駐車場 1000台
現在地 ①敷地面積  29,131㎡ ②延床面積  36,247㎡ ③駐車場  300台

安佐市民病院の現状
・南館の耐震力不足
 56年度の新耐震基準以前の建物のため、震度5強程度で、倒壊又は崩壊する
 可能性がある。
・狭あい化
 ・1床あたりの延床面積が狭い
  安佐市民病院:60㎡
  広島市民病院:95㎡
 ・救急患者と一般患者の動線分離ができていない
 ・5人以上の病室が51室あり、527床中半数を占めている

 
特に耐震力不足は命に関わる重要な問題です。
私たちは速やかに、移転建替えか現地建替えかを決める必要があると考えます。

2015/09/01

カレンダー

まちのトピックス

安佐南区地域整備課の舗装改良工事

安佐大橋アイキャッチ
安佐南区川内にお住いの方から、安佐大橋西詰交差点から太田川右岸 上流側の堤防道路において、舗装の老朽化から生じた穴ぼこ・・・

月別アーカイブ