翔元会ゲートボール大会

%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%80%80%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

おはようございます。海徳ひろしです。
第11回翔元会ゲートボール親善大会が開催されました。
場所は、比治山下運動公園です。
参加39チームの選手が揃って開会式です。

%e5%8d%97%e5%8c%ba%e8%bf%91%e9%9a%a3%e8%a6%aa%e5%96%84%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%a4%a7%e4%bc%9a

安佐南区からは、大町クラブ、松が丘の2チームが参加しています。

%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%e2%91%a2

白熱した試合が繰り広げられました。

%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%e2%91%a0

ゲートボール(Gateball)は、日本生まれのスポーツです。
1947年、北海道在住の鈴木栄治氏(のちに和伸に改名)が、
ヨーロッパの伝統的な競技「クロッケー」をヒントに、
戦後の混乱期で満足な遊び道具のない子どもたちが、
手軽にできるスポーツとして考案しました。
ゲートボール普及は、創始者の本来の目的であった
子どもたちへの浸透とは反対に、手軽で体力的な負担も少ないという特性から、
高齢者に適したスポーツとして脚光を浴びるようになりました。
(日本ゲートボール連合HPより)

これからもゲートボールを通して、健康増進と親睦の輪が広がる
ことを期待しています。

2016/11/18

カレンダー

まちのトピックス

経済観光環境委員会

経済①
昨日は午後から、議事堂3階第1委員会室で経済観光環境委員会が開催 されました。 ◆議事 ・・・

月別アーカイブ