川内の広島菜

広島菜アイキャッチ

こんばんは。海徳ひろしです。
広島の「広島菜漬」は日本三大漬菜の一つとして全国に広く知れ渡っています。
残りの二つは、「野沢菜漬け」と「高菜漬け」ですが、これも有名な漬菜です。

日本三大漬菜の「広島菜漬」を漬ける野菜は、広島市安佐南区川内地区を中心
に作り続けられている「広島菜」です。

今日は、川内で広島菜を生産されている倉本さんから「広島菜」について教えて
いただきました。

川内 倉本さん

◆漬ける野菜「広島菜」について
•栽培地:広島県が主
•旬:11~1月
•大きさ:50~60cmで、一株2~3Kgと大きい

この広島菜付けの一番美味しい季節は冬ですが、川内の農家さんでは春出荷の
「広島菜」の準備で大忙しです。

「広島菜」の苗です。
これから植えた苗は、3月に出荷を迎えます。川内地区では、夏(7月~9月)を
除けば広島菜を出荷しています。

広島菜苗①

ブログをご覧いただいている皆さま、広島を代表する漬菜の「広島菜漬」が「野
沢菜漬け」や「高菜漬け」に負けないように、たくさん食べて、そして美味しさ
を全国へ発信していただきたいと願います。

2017/12/26

カレンダー

まちのトピックス

広島市祇園町外二ケ町土地改良区通常総代会

土地改良区アイキャッチ
広島市祇園町外二ケ町土地改良区の通常総代会がJA広島市緑井支店で 開催されました。 ・・・

月別アーカイブ