2019年緑井毘沙門天『初寅大祭』

初寅アイキャッチ

おはようございます。海徳ひろしです。
平成最後となる緑井毘沙門天「初寅大祭」のお知らせです。

広島・緑井権現山にある「毘沙門天」は、須彌山(しゅみせん)
の中腹におられて仏法をお守りになる四天王の一人で「多聞天」
ともいい、北方の守護神です。 現在の毘沙門天堂は1065年頃、
現在地に修業僧教尊が行基菩薩の作といわれる毘沙門尊像を安置
したのが始まりです。
「毘沙門通り商店街振興組合資料から引用」

14日 10時御開帳

境内の弘法大師と福石です。

弘法大師

福石は、腕を伸ばして、石の端から端まで指がとどけば、
福を授かるそうです。

福石

例年2万人で賑わう初寅祭は、平成31年2月9日(土)、10日(日)
に開催されます。 御本尊御開帳は、9日正午から10日16時までに
11回、福餅お授けが10日の15時です。

初寅

毘沙門天は、厄除け、商売繁盛のご利益があることで有名です。
多くの皆様へお参り頂きたいと思います。

2019/01/30

カレンダー

まちのトピックス

広島市学区対抗バレーボール大会60周年記念祝賀会

60
おはようございます。海徳ひろしです。 広島市学区対抗バレーボール大会60周年記念祝賀会が、JA緑井支店会議室 で行わ・・・