川内の広島菜

広島菜アイキャッチ

広島市安佐南区川内で広島菜漬を製造されている辰本実業さん
を訪問しました。
(有)辰本実業  川内2丁目18-13
tel 082-877-3165

辰本さん

広島の「広島菜漬」は日本三大漬菜の一つとして全国に広く知れ
渡っています。残りの二つは、「野沢菜漬け」と「高菜漬け」で
すが、これも有名な漬菜です。この「広島菜漬」を漬ける野菜は、
広島市安佐南区川内地区を中心に作り続けられている「広島菜」
です。
辰本実業さんのビニールハウスでは、「広島菜」が順調に育って
います。

ハウス

◆2020年12月

辰本実業さんの畑で収穫された広島菜が、加工場で漬けこまれます。

漬ける野菜「広島菜」について
 •栽培地:広島県が主
 •旬:11~1月
 •大きさ:50~60cmで、一株2~3Kgと大きい

広島菜①

川内の生産緑地地区でも、広島菜が大きく育っています。

◆生産緑地

広島市の都市部の農地は、都市化の進展や高齢化による担い手不足
などから、その減少が課題となっています。市は、市街地の農地を
守り、緑のある良好な都市環境をつくることを目的とした同制度を
昨年度から導入しています。

生産緑地地区

広島を代表する漬菜の「広島菜漬」が「野沢菜漬け」や「高菜漬け」
に負けないように、たくさん食べて、美味しさを全国へ発信していき
たいと思います。

2021/11/10

カレンダー

まちのトピックス

第948回 ライオンズクラブお疲れ様例会

100畳アイキャッチ
広島佐東ライオンズクラブの令和5年度は、6月末で終わり、7月から 新年度になります。昨日は、令和5年度最後の例会となる・・・

月別アーカイブ