サッカースタジアム

建設アイキャッチ

今日は、広島市議会で設けられた六つの常任委員会が開催されました。
私の所属する経済観光環境委員会は午後から開催されるので、午前中
は建設委員会を会場の議員席で傍聴しました。

建設委員会①

広島市では、J1サンフレッチェ広島の本拠地になるサッカースタジア
ムを令和6年(2024年)2月の全体開業を目指し建設を進めています。
このスタジアムの総事業費は271億円です。

●2021年11月28日 

私は、中央公園で行われた、サッカースタジアム建設予定地における
発掘調査現地視察に参加しました。

視察 海徳

◆サッカースタジアム等整備事業の基本設計

約30,000席を確保し、天然芝のフィールドとする。明確なエリア設定
・セキュリティ機能により、Jリーグやアマチュアだけでなく国際試合
の開催にも対応可能とする。サッカーでの利用がメインとなるが、スポ
ーツイベント(ラグビー・スポーツ教室・ヨガ教室等)などにも対応でき
る複合的な機能を併せ持つ施設とする。
また、防災備蓄倉庫等を整備し、災害時の避難者や帰宅困難者等の受け
入れに対応可能な計画とする。

●南側ペデストリアンデッキから見たイメージ

139817

●内観イメージ

139818

◆整備計画概要

サッカースタジアム
・主要用途サッカースタジアム(屋外観覧場)
・敷地面積 約49,900㎡
・建築面積 約26,700㎡
・延べ床面積 約60,000㎡
・座席数 約30,000席(車いす席300席)
・敷地面積 約49,900㎡ 
・建築面積 約26,700㎡ 
・延べ床面積 約60,000㎡
・階数 地上7階 最高高さ 約42m 

海徳 建設

広島市には、新設されるサッカースタジアムが中四国地方の発展を牽引
する広島の新たな賑わいの拠点となるように取り組んでいただくことを
要望いたします。

2022/01/21

カレンダー

まちのトピックス

道路の補修

ダンプアイキャッチ
安佐大橋西詰を北側へ200メートル付近の道路は、何度補修 をしてもすぐに穴ぼこができます。 ・・・

月別アーカイブ