経済観光環境委員会

経済①

昨日は午後から、議事堂3階第1委員会室で経済観光環境委員会が開催
されました。

経済②

◆議事

1 所管事務の調査
 ・大型ごみ受入体制の改善について

1.背景
安佐南工場大型ごみ破砕処理施設への自己搬入台数は、年々増加して
おり、1日の平均搬入台数は、平成26年度の514台/日に対し、令和元
年度は781台/日(平成26年度の1.5倍)、令和2年度は893台/日(同
1.7倍)に増加しています。
今年度も、令和元年度と同程度の搬入台数が見込まれ、依然として、
待ち時間の増加や渋滞発生等の課題があり、これらの課題解消の方策
として、事前予約方式による施設の休日開場や大型ごみストックヤード
の整備等を検討しているところです。

資料①

2.予約システムの試験運用について
(1)実施目的
広島市立大学の学生・教員の協力を得て開発中「インターのネットに
る抽選予約システム」を試験運用し、自己搬入車両が集中する時期の
休日に施設を臨時開場することにより、当該予約システムの作動を確
認するとともに、大型ごみの自己搬入車両の分散化を図ります。

(2)実施日程
システムの試験運用による施設の臨時開場日は、年度末の令和4年3月
21日(月・祝)、ゴールデンウイークの4月29日(金・祝)、5月5日
(木・祝)とします。臨時開場日の搬入時間は、9時から12時及び13
時から16時までとし、1時間当たり約200台(1日当たり約1,200台)
の上限台数を設定します。抽選予約申込の期間や抽選日の日程につい
ては、広報誌(市民と市政)や広島市ホームページ等でお知らせしま
す。

(3)抽選予約の流れ
自宅のパソコン、スマートフォンから、予約システム専用ホームページ
にアクセスし、大型ごみ搬入希望時間帯の抽選予約申込を行っていただ
きます。後日、抽選結果(当選または落選)がメールで届きますので、
当選者は、メールに記載されたURLにアクセスして自己搬入の申請を行
っていただき、当日の予約時間帯に大型ごみを搬入していただきます。

経済⑤

3 試験運用から本運用への移行について
試験運用による予約システムの作動確認、休日開場による自己搬入車両の
分散化の確認、利用者へのアンケート調査による問題点等の把握を踏まえ、
必要な見直しを行った後、令和4年8月を目途に、本運用(概ね月1回の休日
開場)へ移行したいと考えています。

経済 海徳

今後も経済観光環境委員会では、広島市における経済観光の発展と環境問題
に取り組んでまいります。

2022/01/22

カレンダー

まちのトピックス

道路の補修

ダンプアイキャッチ
安佐大橋西詰を北側へ200メートル付近の道路は、何度補修 をしてもすぐに穴ぼこができます。 ・・・

月別アーカイブ